格安ダクト施工、ダクト工事は、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川を中心エリアとする株式会社ハウゼンへ!激安をうたうダクト施工業者との相見積もりOK!


チタン製ダクトの特徴

株式会社ハウゼンは、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県を中心にダクトの製造・設置を行っています。ダクト工事・特殊ダクト工事・空調ダクト工事・換気ダクト工事・排気ダクト工事・塗装ブース・塗装プラント・乾燥炉ダクト工事など、空気環境のことなら株式会社ハウゼンにお任せください。

チタン製ダクトは、その耐久性・耐腐食性から、過酷な環境での企業・研究機関のインフラコストを大幅に削減いたします。

ハウゼンのチタン製ダクトはここが違います!

 下記にもございますとおり、チタンといっても様々な種類がございます。チタンでダクトを作る上でも、どのような環境で使われるかを考えた上で適切な素材を用いなくては、結局はコスト高のうえ耐用年数が短くなるという結果になってしまいます。

 ハウゼンのダクトは、チタン鋼鈑の納入業者と当社技術者による度重なる試験の結果を元に、使われる環境別で適切なチタンを選出して利用いたしますので、チタンダクトを利用する上ではいちばん耐用年数が長い施工が可能です。

チタン材の種類

 チタン材料は、主に純チタンとチタン合金の2種類に分けることが出来ます。純チタンはJIS1種、JIS2種などであり、チタン合金は代表的なものとしては、高力合金系のJIS60種(通称6-4合金と言われています。)やJIS61種(通称3-2-5合金と言われています。)、また15-3-3-3合金といったものがあり、耐食系合金としては、JIS11種、JIS12種(パラ入りチタン合金と言われています。)などがあります。

 またチタンの金属組織にはα相(稠密六方晶)といわれるものと、β相(体心立方晶)といわれる2種類があります。純チタンは常温ではα相であり、6-4合金はα相、β相両方を持つα-β合金です。また15-3-3-3合金は準安定のβ相をもつ、β合金です。

チタン材料の特性

 チタンの比重が鉄よりも軽く、アルミよりは強度が高く、特にチタン合金は実用金属のなかでも最大クラスの比強度をもっています。チタン材は、表面に形成される酸化チタンの皮膜が強固であることにより、特に塩素イオンに対しては優れた耐食性を発揮します。しかしその反面、化学的に活性であるため、酸素や窒素と反応しやすいという一面もあります。その他欠点としては特に純チタンにおいては磨耗しやすいということがあげられます。またチタン及びチタン合金は非磁性の金属でもあります。

チタンの種類による材料の特性

 純チタンと言われるものにはJIS1種、JIS2種、JIS3種、JIS4種などがありますが、材料の特性としては1種がもっともやわらかく、2種、よりは3種とだんだん硬くなります。またチタンの純度は1種が最も高く2種、3種、4種とだんだん低くなっていきます。

 また航空機などに使われることが多いJIS60種(64合金)は非常に高強力ですが、難削材であり、加工が難しく、歩留まりが悪くなりがちである、などの問題点があります。この加工性の問題に着目して開発されたのがβ系の15-3-3-3合金などであり、64合金とほぼ同等の強度を持ちながら、冷間での加工性は64合金より優れているのが特徴です。

チタンの硬度

 よくチタンの硬度に関するお問い合わせをいただきますが、チタンは比強度などには優れていますが、それほど硬い金属ではありません。あくまで参考値程度のものですが、HV(ビッカース硬度)でJIS1種で110以下、JIS2種で110~155、JIS60種(64合金)で280以上程度になります。

問い合わせ


株式会社ハウゼン
〒263-0002
千葉県千葉市稲毛区山王町303−1